鑑定方法

四柱推命

四柱推命とは、「生年・生月・生日・生時」の四つの柱でうらなう占いです。(生年月日)

四柱推命学の起源は中国戦国時代を経て、唐の時代に基礎が出来上がり、907年~959年に徐子平氏により確立しました。

日本に推命学が伝わったのは江戸時代1815年頃、長崎の医者桜田虎門先生によって推命書として初めてわが国に広まりました。

推命学は、地球上においては無くてはならない、自然のエネルギーから成り立っています。

酸素・太陽・土・金・水→(青・赤・茶・白・黒)(ラッキーカラー)

五臓六腑→肝臓・心臓・秘蔵・肺臓・肝臓→(青・赤・茶・白・黒)(ラッキーカラー)

 

九星気学

九星気学とは、生年月日で、占います。

天・地・人の三態があると考えます。

地球の動き、時間による運命・地球の地勢や環境・住居・空間・人命は、人間の行動自体による運命をいいます。

天命、地命による人間への影響をとらえて、法則を理解、推察し、未来を予知して行動することが、気学の本領なのです。

積極的に動くことにより、凶から吉に導いて幸福をよび寄せる。

九星気学占いの根拠は古代中国の思想にあると言われています。

 

手相

手相とは、自分の性格、過去、未来を知るカギの、運命術の中の一つであり重要なポイントがあります。

自分の性格を知り、良き方向に導くカギとなります。

一度、試してください。きっと、貴方様にプラスになると思います。一同お待ち致して居ります。いろいろな、占術が有ります。覗いて見てください。

Copyright © 京占い祇園 All rights reserved.